毛穴の役割とは

毛穴は皮膚の表面に合ってくぼんでいる部分です。

 

学術的には毛包(もうほう)という名前で、皮膚内の毛根を包んでい袋状になっている組織のことを言います。

 

頭髪や産毛、ヒゲなどがこの毛穴から生え、肌表面の穴から出てきているため毛穴とも呼ばれます。

 

1センチ四方に20個はあると言われています。

 

毛穴にはすべて、肌や髪などの乾燥を防ぐ皮脂を分泌する皮脂腺があります。

 

人間の肌は、天然の化粧水や乳液があり、乾燥しないような機能があるということです。

 

また、もう一つ忘れてはいけない機能があって、体温調節の機能もあります。

 

寒い時には、毛穴がキュッと閉じて体温を逃さないようにします。

 

逆に暑い時には毛穴が開いて、外に体温を逃がすよう、体温を調節するのです。

 

寒い時に肌の表面に鳥肌が立ちますが、これは体温を逃がさないよう毛穴がギュッと閉じた状態で、鶏の肌のように小さなブツブツとした突起状になる現象がでます。

毛穴には3つの大きな種類に分類

また、毛穴には3つの大きな種類に分類されます。

 

1つは、産毛が生える軟毛性毛包。

 

2つ目は、髪の毛やひげが生える終毛性毛包。

 

3つ目は産毛も生えますが、主に皮脂を作る脂腺性毛包です。

 

終毛性毛包は太く長い毛が成長しつづけると皮脂腺から分泌された皮脂がスムーズに毛包管をつたって皮膚の表面に出ていきます。

 

でも、脂腺性毛包は、産毛による皮脂の排出はあまり期待できません。

 

毛が表皮に現れにくいですし、他の2種類よりも皮脂腺が発達しているという特徴があり、毛の出口で皮脂が厚くなりやすいのです。

 

それによって皮膚の内側で皮脂が溜まりやすくなっています。

 

頬や鼻などの毛穴のほとんどは、この脂腺性毛包です。